お金を借りるには銀行と消費者金融会社の二つのうちの選択になります。
金利の低さから返済利息が少なくてすむ、銀行カードローンのほうがやはり借りやすいでしょう。
世間体がいいのも銀行カードローンです。

お金を借りるには

消費者金融会社はいまだにサラ金のイメージか抜けきらず、誰もが消費者金融会社を指すのにサラ金と短縮して言っていることからもサラ金という言葉が浸透して、根付いているということでしょう。

サラ金というのはサラリーマン金融の略称で、主にサラリーマンが借りていたことから付けられた略称です。
サラ金という言葉が盛んに出てくるのはバブル期の前後くらいからですが、特にバブル経済以降は、消費者金融会社の厳しい取り立てから、一家離散や夜逃げ、一家心中といった暗いニュースがかけ巡った時期でもあるのです。

内蔵を売ってでも金を作れといった生々しい映像は記憶に新しい人も少なくないでしょう。
そういった報道からサラ金はいけない、危険だということから、いろいろな法整備が行われました.特に大きいのはグレーゾーン金利の撤廃です。
二つの法律で上限金利が違っていたため、都合の良い金利を用いて貸し出しをしていたのです。

そういったグレーゾーン金利を撤廃して一律で上限金利を設定したのです。
それ以降の借り入れから新しい金利を利用するというのではなく、過去にも遡って新しい金利が適用されることとなりました。
そうなると払いすぎた金利はどうするのかということで、過払い請求が認められたのです。

法律ですから、消費者金融会社も従わなければ行けず、過払い請求の負担に耐えきれず経営破綻や廃業する消費者金融会社が後を絶ちませんでした。
3万社以上あったとされる消費者金融会社が今では2,000社にも満たないということですから、どれだけ激減したかがわかるというものです。
もっとも2,000社でも多く感じますから、3万社も消費者金融会社が存在した時代がすごいとしか言いようがありません。

そしてもう一つが総量規制です。
消費者金融会社からの借り入れは年収の3分の1までしかできないというものです。
消費者金融会社からの借りすぎを防止するためなのですが、これも消費者金融会社の経営を圧迫するには十分といえます。

現在のアコムやプロミスといった大手消費者金融会社も一度は経営破綻を経験しています。
そこからメガバンクなどと提携して傘下に入ることで、大手消費者金融会社は経営を立て直したのです。
現在の消費者金融会社は、そういった淘汰の歴史をかいくぐってきた優良な消費者金融会社といっていいでしょう。

そういった生き残った消費者金融会社が依然としてサラ金と呼ばれているのも忸怩たる気持ちではないでしょうか。

そういったことから、お金を借りるとしたらまずは銀行カードローンに融資の申し込みをするといいでしょう。
しかし、銀行カードローンは誰でも気軽に借りるということができるわけではないのです。
というのも融資の申し込みをすると審査を受けなくてはいけないのですが、その審査が厳しいのが銀行カードローンの大きな特徴なのです。

審査は属性が高ければ通りますし、低ければ審査に通りにくくなります。
この属性というのは、お金の借りやすさや返済能力を計る指標のようなものです。
属性を決定づけるものはさまざまな項目から成り立っているのでですが、その中でも有力な項目が雇用形態です。

雇用形態は大きく二つに分かれます。
一つが正規雇用でもう一つが非正規雇用です正規雇用はいわゆる正社員のことで、非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員の人のことです。
正規雇用の人が属性が高いことはわかるのですが、もっとはっきりした理由付けとして、雇用が会社から保証されているかどうかということです。

正規雇用の人の場合は入社時に交わした雇用契約が定年まで保証されます。
いっぽうの非正規雇用の人も雇用契約を交わすのですが、それは有期雇用契約です。
有期というのは3ヵ月6ヵ月あるいは1年という期間となります。

いずれも会社が更新するかしないかで雇用契約が成り立つので、会社が更新しなければそこで会社を辞めなければいけません。
これが雇い止めということですね。
このことから、非正規雇用の人は有期の雇用契約の期間しか雇用が保証されていません。

これは、銀行から見ると収入が安定していないと見られるのです。
ここまで、銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預かり金だからです。
そのため、銀行は貸し倒れのリスクを最小限にするために、保証会社と提携しています。

このことから、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の審査と保証会社の審査も受けなければいけません。
つまりは銀行と保証会社から審査を受けるということです。
あまり公にはされていませんが、銀行カードローンに融資の申し込みをすると銀行の他に保証会社からの審査も受けるのです。

保証会社の役割は、カードローン利用者が返済不能になったときです。
そのときはカードローン利用者に代わって、残りの債務の全額を銀行に支払います。
その後で、立て替えたお金全額をカードローン利用者(債務者)に請求するのです。

返済不能ということからすでに債務整理に陥ってますから、保証会社との交渉は任意整理からということになります。
こうなると銀行は元金が戻ってきたのでノーリスクといえそうですが、返済不能になってから以降に入ってくるはずだった返済利息という収益が得られないので、まったくのノーリスクというわけではないのです。
銀行カードローンのデメリットとしてあげられるのが即日融資に対応していない点です。

これは警察庁のデータベースへのアクセスが必要なため、カードローン利用者の信用情報の照会をしなくてはいけないのです。
不正融資を防止するための施策なのですが、警察庁のデータベースから照会情報を得るには、即日は無理で、早くても翌日以降になるのです。
そのため、銀行カードローンの即日融資というサービスは不可能となっているということですね。

消費者金融会社のカードローンは借りやすい

銀行カードローンの審査に落ちてしまうと、頼りになるのが消費者金融会社のカードローンです。

もっとも、銀行カードローンの審査に落ちてすぐに消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしても審査に通らないでしょう。
というのも、信用情報機関に銀行カードローンの審査に落ちたという情報が金融事故情報として記録されています。
信用情報機関に照会して金融事故情報があることがわかると、その時点で審査はストップするのです。

審査に落ちたという情報は、向こう6ヵ月間は消えません。
ですから、審査に落ちてから6ヵ月は消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしても審査に通らない可能性が高いのです。

これを申し込みブラックと呼んでいます。
いたずらに融資の申し込みをしても審査に落ちてしまうと、そこからさらに6ヵ月待たなければいけないので、銀行カードローンの審査に落ちたときは6ヵ月はおとなしくしておいたほうがいいでしょう。
消費者金融会社のカードローンの申し込み方法は多彩です。

店頭での申し込みの他にWEBでの申し込みも可能なのですが、WEB完結といって、郵送物が一切届かない申し込み方法もあります。
これによって家人にバレる心配がなくなるのが大きなメリットです。
他には電話による申し込みもできる点も大きいでしょう。

スマホやPCが使えない、店頭に出向くことができない人にとっては電話での申し込みができるのは大きな救いになるのです。
そして、大手消費者金融会社はメガバンクと提携していることが多く、メガバンク行内の自動契約機からカードローンの申し込みができます。
さらに大手消費者金融会社の最大の特徴と言えるのが、全国各地に設置されている無人契約機です。

24時間365日稼働しているもので、いつでもカードローンの申し込みをすることができます。
即日融資にも対応していて、22時までに手続きが済んで審査に通ることができれば、すぐにローンカードローンが発行されるので、それを持ってコンビニATMに行ってキャッシングができるのです。

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社とうと、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社を思い浮かべる人が多いと思います。
それでも2,000社近くあるうちの大手消費者金融会社は10社にも満たないのです。
ほとんどの消費者金融会社は中小消費者金融会社や街金なのです。

街金はともかく中小消費者金融会社は、業容が大手に迫るところもあるかと思えば街金に毛が生えたような中小消費者金融会社もあります。
審査基準にもかなり幅があります。
大手消費者金融会社のカードローンが消費者金融会社の中ではもっとも審査基準が厳しいのですが、その下の中小消費者金融会社の審査基準は業容に幅があるように審査基準にも幅があるのです。

大手キャッシング会社と違って、借りやすいというイメージのある中小消費者金融会社ですが、法人への貸し出しに特化した貸金業者や、おまとめローンなどに特化した貸金業者もあります。
独自性を持った中小消費者金融会社も多く、WEBでしか対応しない中小消費者金融会社もあります。
中には、債務整理中の人、破産者といったブラックの人でも借りることができるという中小消費者金融会社もあるようです。

ブラックでも借りれる?

基本的にブラックになると、銀行はもちろん消費者金融会社からもお金を借りることはできません。
ブラックということは返済ができなかったということですから、信用度は限りなくゼロだからです。
しかし、ブラックの人にはお金を貸してはいけないという決まりがあるわけではありません。

暗黙の了解があるのかもしれませんが、それは銀行や大手消費者金融会社、さらには中小消費者金融会社でも業容の大きな消費者金融会社になるでしょう。
一部の中小消費者金融会社や街金は自社審査を行っていて、これは信用情報機関に信用情報を照会しない審査方法です。
すなわち現在の属性のみを判断して審査をするのです。

債務整理をしている人は債務整理前よりも属性が良くなっている人が多いです。
過去を問わない現在のみの属性でしたら、例えブラックの人でも借りることができる場合もあります。
もちろんブラックでも必ず借りることができるというわけではありません。

しかし、ブラックでも借りることができたという、口コミサイトの書きこみをよく見ることができます。
ブラックになるとあとは闇金で借りるしかお金の調達方法はないと考えている人がいると思いますが、闇金で借りるよりも、貸してくれる中小消費者金融会社や街金を探してみるほうが先決です。

個人間融資掲示板を利用する

銀行も消費者金融会社もお金を貸してくれなくて、闇金に頼るしかないと考えても闇金からお金を借りることだけはしてはいけません。
闇金以外で借りられる所があります。
それがネットの個人間融資掲示板です。

個人での貸借りになるので、リスクはありますが、それでも闇金から借りるよりはましです。
といっても闇金は非合法の貸金業者ですから、利用してはいけません。
個人間融資掲示板もグレーと言えばグレーなのですが、さしたる悪評もなく大きなトラブルもないので静観されている状況とも言えそうです。

個人間ですから、融資金額も大きくなく街金並みの10万円が相場です。
リスクができるだけ小さいように、貸し出し実績の多い人を選択して交渉するようにしましょう。
連絡が取れることが条件でさしたる審査もなく交渉成立ですぐに融資をしてくれます。

ネットの声

「引っ越しの資金繰りにすこし焦っていて、いままで利用したことがなかったので不安でした。個人的に消費者金融のイメージがあまりよくなかったので、一人で悩んでいましたが、オペレーターの方も丁寧だし、アプリも使いやすいし、安心して借りられました。あんなに悩んでいたのが無駄な時間でした。」

「無人契約機にて借入してきました。過去に他社で延滞1年程あり完済から1年半経ちましたが確実にブラックだと思います。ですが5万希望でまさかの50万枠融資ですごく助かりました。勤務先への確認もして欲しくないとの希望を聞いて下さり感謝しかありません。ありがとうございました。」

「まず、ウェブ受付時に女性スタッフでの電話対応をお願いしのですが、無人機での最終契約時には男性スタッフでした。しかし最初にも最後にもお詫びの一言がありました。対応も女性と同じくらいとても丁寧で親切でした。」

おすすめの記事