借金をするとなるとできることなら、銀行で借りたいと考えるのが普通ですね。
それは、消費者金融会社で借りるということはそれがバレてしまうと、噂になってしまうからです。
言うなれば世間体というものですね。

できるなら銀行で借りたいけれど

ですから、まずお金を融資してもらいたいと考えると銀行が一番ということになります。
それでも、ブラックや多重債務者なら当然ですが、正社員でなければお金を銀行から借りることは難しいでしょう。
銀行カードローンなどは審査が厳しいからです。

それではどこの金融業者も貸してくれないのかというと、そこは消費者金融会社に頼ることになるでしょう。
背に腹は変えられないときは消費者金融会社に頼るしかありません。
また、多重債務者であれば、おまとめローンを利用する方法があるのですが、これもまた、多重債務という定義にもよるのですが、銀行のおまとめローンに頼るのは難しいといっていいでしょう。

というのも、銀行では、多重債務者にお金を融資することはまずないからです。
これは属性が低いからということになるのですが、一方でそれならおまとめローンという金融商品を用意しているのは何故?ということになるでしょう。
ここで多重債務の定義が重要になってくるのです。

人によっては多重債務といってますが、これにも銀行側にははっきりとした定義があるのです。
他社借入れが3社から多重債務と定義する銀行もありますし、4社以上からという銀行もあります。
ですから、他社借入れが4社以上であれば、銀行のおまとめローンを利用することはまず無理と考えたほうがいいです。

銀行で借りるほうが金利なども低くていいですし、何よりも世間体を気にしなくてもいいのが大きなメリットですが、お金を銀行から借りることができないとなると、どうしたらいいのでしょうか。
そうなってくると、次の選択肢として消費者金融会社が登場することになります。

消費者金融会社のカードローン

消費者金融会社のメリットはその使い勝手の良さでしょう。
それは銀行よりも数段上と言ってもいいです。
というのも銀行は口座開設者からお金を預かったり、預かったお金を運用したりと、融資業務以外の仕事もあります。

一方の消費者金融会社などの貸金業者でしたら、お金を貸すことを専業としているのですから、自ずと個人向け融資のノウハウが蓄積されているのです。
融資の申し込みも電話一本で済ませることもできますし、WEBでの申し込みもOKです。
家にいながらにしてお金を振り込んでくれる場合もありますから、消費者金融会社のカードローンの使い勝手の良さは銀行も遠く及ばないと考えていいかもしれません。

消費者金融会社のカードローンのデメリットとしては、金利が銀行カードローンよりも高いということでしょう。
これは、仕方の無い面もあります。
銀行の場合はお金を融資する以外に、預かったお金を運用することで収益をあげることができます。

一方の消費者金融会社は、ローン利用者からの利息が主な収益となるからです。
もっとも、銀行の場合は預金者からお金を預かっている関係上、貸し倒れというのにはとても敏感です。
ですから、属性の低い人にはお金を融資しないという、審査基準がとても厳しくなっているのです。

属性というのは返済能力または信用度に置き換えてもいいでしょう。
属性を簡単に説明すると、正社員の場合は属性が高くなりますし、反対にパートアルバイトの場合は属性が低いです。
正社員のほうが安定した収入があり、返済能力が高いと見られているわけですね。

銀行では実際にパートアルバイトの人には融資をすることはまずないでしょう。
ですから、銀行の審査が厳しいという声は主にパートアルバイトの人からあがっていると考えていいでしょう。
それともう一つは多重債務の問題です。

これは正社員と言えども多重債務者には銀行もお金を貸しません。
借金の返済に借金をしているような人でしたら、返済能力は限りなくゼロと判断されるからです。

消費者金融会社からお金を借りる

お金をどうしても借りたい、しかし銀行からお金を借りることはできないとなると、最後に頼るのは消費者金融会社となります。
その際世間体というものは気にする人もいるかもしれませんが、背に腹は変えられないということですね。

消費者金融会社には会社の規模によって、大手消費者金融会社、さらには中小消費者金融会社、そして、街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社といったように、消費者金融会社も3つのカテゴリーに分かれます。
どの消費者金融会社からお金を借りたらいいのかというと、それはやはり大手消費者金融会社から借りるのが一番です。
それは、お金を借りるパターンが多いからです。

店舗に行ってもいいですし、対面でサービスを受けるのが恥ずかしい人はWEBからの注文も受け付けていますし、消費者金融会社によっては電話での受け付けでもOKというところもあります。
そして、大手消費者金融会社のいいところは無人契約機が設置してあることです。
これも結局はテレビモニターを介しての対面申し込みとなるのですが、24時間365日いつでも融資の申し込みができて、審査が通ればすぐに即金でお金が手に入ります。

これが大手消費者金融会社の最大のメリットと言ってもいいでしょう。
デメリットとして金利の高さを指摘する人がいます。
確かに金利は銀行カードローンよりも高いのですが、消費者金融会社の中では低く設定されています。

ですから、消費者金融会社からお金を借りる敷かない場合でしたら、まずは大手消費者金融会社のカードローンに申し込みをするべきです。
また、属性が低くて大手の融資会社からお金を借りることができない人もいることでしょう。

そのような場合は、中堅消費者金融会社に融資の申し込みをすることになります。
大手と比べて中堅融資会社のほうが審査が緩いのです。
しかし、中には違法業者もいるので気をつけなければいけません。

それと、消費者金融会社のどこからも融資を受けることができない場合は、総量規制に引っかかっているケースもあるので、一度自分の借入状況を全額調べて見る必要があります。
年収の3分の1以上は借りることができないので、その場合は審査に即落ちということになります。
その場合も消費者金融会社側は、何故審査に落ちたのかを申込者に教えることはないので、自分での推察になるのです。

闇金からお金を借りてはいけない

まず何があっても気をつけなくてはいけないのが、闇金からお金を借りてはいけないということです。
闇金はご存知のように違法業者です。
アウトローですから、法律の外に存在していると考えなくてはいけません。

そうなると金利なども法律で決められている上限金利を守ることはありませんから、20%の上限金利以上の金利で貸付けを行うのです。
それでいてしっかりと借用書などの書類は書くようにしているのですから、始末に負えません。
まず、大手カードローン会社から融資を受けることができなかった場合は、闇金に頼るのではなく、中堅の消費者金融会社のローンに申し込むようにしましょう。

中堅の消費者金融会社のキャッシングも、業者によっては大手消費者金融会社並のサービスをしてくれるところもあります。
中小企業あるいは零細企業の経営者でしたら、毎月の資金繰りにも苦労をすることでしょう。
大手や中小の消費者金融会社の中でも大口の融資をしてくれるところもあるので、まずはそういった貸金業者に頼るようにしなくてはいけません。

申し込みの段階では審査が甘いか厳しいのかといったことはわからないことが多いでしょう。
その場合は、ネットの口コミサイトなどを参考にしてみるといいです。
ここでは借りやすい消費者金融会社などの情報がたくさん載っています。

特に自己破産をした人などでも、ブラック歓迎といった消費者金融会社の情報を得ることもできます。
実際には審査基準が甘いとか厳しいというのは、貸金業者の公式サイトなどではわかりようがありません。
実際に知るのは体験者の口コミというわけですね。

審査基準の甘さと同時に融資実行率というのもわかればいいのですが、これは複雑な計算となるので、体感的に把握できる口コミサイトの情報がいいでしょう。
ネットで消費者金融会社の口コミサイトを検索してみると簡単に見つけることができます。

中小消費者金融会社から借りる

消費者金融会社には街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社があります。
ここで借りるという手もあります。
それは、街金の融資基準がとても低いからです。

消費者金融会社といえども、返済を延滞している人には誰も貸さないでしょう。
それが高じて任意整理はブラック認定となってしまうからです。
しかし、街金の場合はそのような人でもお金を貸してくれるのです。

条件としては働いていることと住所がはっきりしていることのみです。
延滞歴などは不問とされる場合があるので、急いでお金が欲しいという人にはとても重宝するでしょう。
しかし、ある程度まとまったお金が必要なときは、街金などは最大でも50万円借りることができたらいいくらいですから、街金の場合はあくまでも少額融資であることを覚えておきましょう。

ですから、多重債務や延滞歴がある、さらにはブラック状態の人でもお金を貸してくれる消費者金融会社なのですが、中小消費者金融会社にも探せばお金を貸してくれるところがあります。
業容も大手消費者金融会社と遜色ないところもあります。
ブラック対応をしてくれるかどうかという審査の判断は、中小消費者金融会社の場合は、仕事に就いているかどうかが最低条件となります。

きちんと仕事をしているのでしたら、ブラックでも融資をしてもらえることもあるでしょう。
そういった情報なども口コミサイトなどから得ることができます。
いずれにしても、どの消費者金融会社からもお金を借りることができないといっても闇金から借りるのだけはやめましょう。

おすすめの記事