必要なお金が3万円程度でしたら、友人知人にお金を借りるのがもっとも近道です。
自分に照らし合わせたらわかると思うのですが、普通でしたら財布の中に数万円程度の現金は入っていることでしょう。
そうなると、友人からの頼みだったら財布の中にある現金を貸し出してくれるのです。

お金が必要なときはどうしたらいい?

それが3万円から5万円ということです。
だいたいこのくらいのお金があれば、急な用件ができたときにも対処可能です。
急な飲み会で2次会3次会など、さらにはタクシーで帰ることを考えても十分対応できるお金です。

ですから、そういった友人知人からの頼みでしたら、財布の中にあるお金で済ますのがいいでしょう。
3万円から5万円という必要な額も財布の中身と合致しているのです。
友人も昔ながらの関係ですから、すでに信頼関係ができています。

ですから、いくらお金を貸しても返済してくれるという安心感があるのは間違いありおません。
それでも、親しき仲にも礼儀ありですから、借りるほうから借用書を作るようにしましょう。
普通でしたら、貸し出す側が借用書を作るのですが、友人関係ですから、それもはばかられると思うのです。

ですから、そこは気を利かせて借りる側が借用書を作るようにします。
水くさいとか言われそうですが、そこはしっかりと対処しなければ、お金でこじれるようなことがあれば友人関係も瓦解しかねません。
ですから、借用書というのは大切なのです。

それと、返済は次の給料日に一括で返済するようにします。
間違っても分割で返済するようなことをしてはいけません。
財布の中にあったお金を差し出してくれたのですから、できるだけ早く全額を返済するようにします。

そのためには給料日に一括でなによりも優先して返済するようにしましょう。
他には3万円程度が必要でしたら、家にある不要品を買取りしてもらうという方法があります。
不要品ですから一つ一つの買取値は低く、中には買取り不可というものもあるでしょう。

ここは数多くこなすことで、できるだけ買取りしてもらうようにしましょう。
元々不要品ですから、いくらでも買取りしてもらったほうがいいです。
普通にしていれば処分料を支払ってでも廃棄しなくてはいけないものですから、買取値が付くとそれはそれでラッキーだからです。

また、書籍やコミックなどがあれば積極的に買取りしてもらいましょう。
不要品だけではせいぜい1万円か2万円くらいがせいぜいです。
書籍やコミックが多ければ多いほど、買取値も増えていきますから、できるだけ多く買取りしてもらいましょう。

人気コミックの全巻シリーズがあれば、かなりの高額となるので、それだけでも目標金額に達するかもしれません。
いずれにしても、書籍やコミックの場合は価値のわかる古本屋に買取りの依頼をしたほうがいいでしょう。

他には、アルバイトをするのも一つの方法です。
会社によっては副業を禁止しているところもあります。
というよりも多数はかもしれません。

ですから、継続的にするのではなく、あくまでも必要なお金を獲得するまでの間ということにしておきましょう。
ただし、短期間のアルバイトというのはありそうでなかなかありません。
強いて挙げればガテン系のバイトです。

体力勝負だけなので短期でもすぱっと辞めることができますし、中には日払いにも対応しているところもあるのでそういったところは好都合です。
ある程度の体力は必要ですが、1回1万円稼げるとしたら3回働けば3万円です。
そういった短期集中でがんばるのも一つの方法です。

ガテン系のバイトでしたら、短期間といえども怪我をする可能性が高いです。
ですから、短期とはいえしっかりと労災に加入してくれているかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。
怪我をして自腹で治療、ということがないようにしなくてはいけません。

銀行と消費者金融会社

お金を借りるなら銀行か消費者金融会社ということになります。
どちらか一つということになると、まず最初に利用したいのが銀行カードローンでしょう。
金利が低いこともあるのですが、まずは世間体の問題です。

銀行でお金を借りるというのは普通のことですから、誰もそれほど違和感を感じないでしょう。
しかし、消費者金融会社でお金を借りると生活が苦しいとか、借金癖があるように思われるのです。
また、消費者金融会社はいまだにサラ金というイメージが払拭できません。

バブル期以降、消費者金融会社の厳しい取り立てから一家離散、夜逃げ、一家心中という暗いニュースが連日テレビで報道されていました。
そこからいろいろな法整備がされて、消費者金融会社もサラ金から生まれ変わって現在があるのですが、いまだにサラ金というイメージから抜け出せていないのです。
バブル期以降の最盛期には3万社を超える消費者金融会社があったのですが、今では2,000社に満たない数になりました。

言うなれば当時の消費者金融会社は淘汰され、より健全な消費者金融会社が残っているといっていいでしょう。
そして、まずは銀行カードローンでお金を借りることが先決なのですが、銀行カードローンは誰でも気軽に借りることができるわけではありません。
というのも、銀行カードローンの審査基準が厳しいからです。

審査に通るか通らないかというのは属性によって分けられることが多いです。
この属性というのが信用度や返済能力を計る指標となるものですが、属性はさまざまな項目から決定されます。
その中でも有力なのが雇用形態です。

雇用形態というのは、正規雇用と非正規雇用の二つで成り立っている者で、正規雇用はいわゆる正社員のことです。
いっぽうの非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員のことになります。
正規雇用の人のほうが属性が高いのはわかるのですが、属性の高低は収入の高さの他にもっと大事なことがあるのです。

それは、会社が雇用を保証しているかどうかということです。
正規雇用の人は定年まで雇用が保証されています。
入社時に交わした雇用契約が定年まで生きているのです。

いっぽうの非正規雇用の人も雇用契約を結びますが、それは有期の雇用契約です。
契約期間は3ヵ月や6ヵ月あるいは1年という期間が多く、更新時期が来たら会社とその都度雇用契約を結ばなければいけません。
そのときに雇い止めが起こると会社を辞めなければいけないのです。

このことから銀行から見ると非正規雇用の人は雇用が保証されているとは言えず、安定した収入を得ているとはみられないのです。
ですから、非正規雇用の人は属性が低くなっているというわけですね。
銀行カードローンの審査が厳しい理由は、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった預金だからです。

大切な預金が原資となっているのですから、銀行は貸し倒れをとても警戒しているのです。
そのため銀行カードローンは銀行と銀行と提携している保証会社の二つから審査を受けなくてはいけません。
あまり公にされることはないのですが、銀行カードローンに融資の申し込みをすると銀行だけではなく、保証会社からの審査も受けるということです。

これは、もしカードローン利用者が返済不能になったら、保証会社が残りの債務全額をカードローン利用者に代わって銀行に返済するのです。
そして改めて立て替えた金額全部をカードローン利用者(債務者)に請求するのです。
すでにそのときは債務整理に入っていますから、そこから任意整理が始まるということになります。

銀行としてはノーリスクといいたいところですが、それ以降の返済利息の収益がなくなるのですから、ノーリスクというわけにはいかないということですね。
銀行カードローンの場合、デメリットは即日融資に対応していない点です。
一頃はメガバンクを中心に即日融資を大々的に宣伝していたのです、最近ではそういった広告を見ることはありません。

というのも、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられ、その照会情報を得るのが翌日以降ということになるので、物理的に即日融資ができなくなったのです。
ですから、即日融資は消費者金融会社のカードローンに頼るしかないということですね。

即日融資できる消費者金融会社

消費者金融会社のメリットは即日融資の対応している点です。
特に大手消費者金融会社WEBでの申し込みや店頭での申し込みでも即日融資に対応していますし、なによりも全国各地に設置してある無人契約機が便利です。
これは24時間365日稼働しているもので、その日の22時までに申し込み手続きを完了し、審査に通ればすぐにローンカードが発行されるので、それを持って近くのコンビニATMでキャッシングすることができるのです。

最近のカードローンではローンカードが発行されず、スマホで入出金が可能なものもあるようです。
スマホが必須となりますが、より便利に使い勝手の良いカードローンが出現しているのです。

闇金以外で審査が甘い消費者金融会社

大手消費者金融会社は消費者金融会社の中でもごく少数派です。
2,000社近くある消費者金融会社のうち、ほとんどが中小消費者金融会社と街金なのです。
大手消費者金融会社の知名度やカードローンの便利さに押された形の中小消費者金融会社や街金ですが、それぞれ大手にはない特色を貸金業者として打ち出しているのです。

まず、ブラックでも審査に通るといったものですが、これは自社審査を行っている貸金業者でそういったこともあるようです。
また多重債務者なども借り入れ可能といったような審査が甘い消費者金融会社も存在しています。
もっとも、闇金でしたら、ブラックや多重債務者に関係なくお金を貸してくれるので注意しなくてはいけません。

また、ブラックでもお金を必ず貸してくれるというわけではないので、その点にも注意したほうがいいでしょう。

総量規制の問題

消費者金融会社には総量規制の問題があります。
これは年収の3分の1までしか借りることができないという法律です。

法律ですから、守らなければひどい場合は貸金業者のほうが営業停止になることもあるようです。
しかし、総量規制いっぱいまで借りている人は、月々の支払いもかなりの金額になっているはずです。
街金の場合、貸出限度額の設定はありませんが、概ね10万円程度となっています。

この金額でしたら、審査も甘くブラックでも多重債務者でもしっかりと働いて収入のある人でしたら、借り入れができるようですし、総量規制にかかっていても月々の返済があれば、貸し出し可能のようです。
総量規制も5万円あるいは10万円程度でしたら、誤差の範囲ということのようです。

ネットの声

「信用情報に5年以内異動5件あり、いずれも長期延滞で今は完済しています。どうしても入用がありダメ元で申し込みましたが25希望のところ50で決まりました。」

「過去に利用しました…と言うか人から身代わりで借りてくれと言われて利用して、完済した際に家族が二度と契約させないように言った為、何十年経っても永久に契約は出来ません!」

「ただ今債務整理中で、5年前にプロミス滞納延滞し完済。ダメ元でweb完結で申し込み…在籍確認もなく即、借り入れ出来ました。」

おすすめの記事