野菜ジュースはメリットばかりじゃないデメリットもあるよ

野菜不足を感じた時、手軽に野菜ジュースを手に取る方も多いのではないでしょうか。

野菜ジュースにはメリット、デメリットがあります。

今回はそれらを踏まえた上で、野菜ジュースの効果的な飲み方についてご紹介します。

野菜ジュースのメリット

野菜ジュースは手軽な上に様々な野菜の栄養素を手軽に取り入れることができます。

特に、普段なかなか摂取しにくいβカロテンやリコピンといった栄養素は熱により吸収率が上がりますが、

野菜ジュースの製造過程では熱を使用するため、生の野菜を食べるよりも野菜ジュースから取る方が吸収率が良いと言われています。

野菜ジュースのデメリット

野菜ジュースの製造過程の中で高熱処理をするため、熱に弱いビタミンCは失われています。

ビタミンCの働きとして、抗酸化作用によるアンチエイジング効果・美肌効果、免疫力を高める効果、生活習慣病予防といった効果が期待できます。

また、消化や代謝を司る酵素や食物繊維(不溶性)も製造過程で失われています。

野菜ジュースの飲むタイミング

野菜ジュースは飲みうタイミングによって効果が変わってきます。

朝食前の野菜ジュースはダイエットに効果があると言われています。

寝ている間に失われた水分を白湯などで補給してから、野菜ジュースを飲むことで代謝が良くなります。

この代謝が上がることがダイエット効果につながります。

間食の野菜ジュースは集中力が上がると言われてます。

野菜ジュースに含まれるブドウ糖が脳のエネルギー源となり集中力が維持できます。

さらに手軽に小腹を満たすことができ、栄養補給することができるので高カロリーなお菓子を食べすに済みます。

食前の野菜ジュースは、血糖値の上昇を抑え体への負担を減らします。

血糖値が上昇することにより、眠くなりやすい、太りやすい、生活習慣病のリスクが高まると言われています。

つまり血糖値の急激な上昇を抑え、これらの症状を起こしにくいとされています。

ネットの声

「野菜スープは豆腐入れればいいんですよ。まあ話題の健康法は聞いたらやってもすぐやらなくなりますよね(笑)」

「江戸時代は、炭水化物のエネルギー比率が80%を超えていたのに、肥満率は極めて低かったのです。現代人の肥満は、脂質過剰と車社会で身体活動量が減ったからです。」

「何時に何を食べても摂取カロリーオーバーなら太るし、何か一つのものさえ食べれば健康で痩せるなんてあり得ん。こんな話信じてる時点でダイエットは無理。」

野菜ジュースで野菜の成分がしっかりとれるならこれ以上手軽なものはないですね。

おすすめの記事