医者が教える「寝る前2時間」の最高のルーティンとは。

コロナ禍や自粛生活などの「環境の変化」により、多くの人が将来への不安を抱え、「大きなストレス」を感じています。

ストレスを溜め込みすぎると、体調を崩したり、うつなどのメンタル疾患に陥ってしまいます。

発売1ヵ月で10万部を突破した、樺沢紫苑氏による最新作『ストレスフリー超大全』では、ストレスフリーに生きる方法を、「科学的なファクト」と「今すぐできるToDo」で紹介しました。

「アドバイスを聞いてラクになった!」「今すべきことがわかった!」と、YouTubeでも大反響を集める樺沢氏。そのストレスフリーの本質に迫ります――。

寝る前2時間のリラックス・ルーティン

「寝る前2時間をリラックスして過ごす」ということは人生において非常に重要です。

日中は、「昼の神経」である交感神経が優位ですが、夜間、そして睡眠に入るためには「夜の神経」である副交感神経が優位になることが大事です。

その2時間にすべきことを次にまとめてみました。

最高のルーティン

  • 寝る90分前までに入浴を終える
  • 家族との団らん、ペットとのたわむれなど、楽しいコミュニケーションをとる
  • 水分をある程度とる(カフェインやアルコールはNG)
  • 食事をとらない
  • ストレッチやヨガなど、軽い運動をする
  • 音楽、アロマ、マッサージなど、非視覚系の娯楽をする(ブルーライトは遮断)
  • 日記を書き、今日1日の楽しかったことを振り返る(ネガティブなことは書かない)

以上のルーティンを実行してみてください。

睡眠の質が格段に上がることを実感するでしょう。

睡眠薬に頼らず「ぐっすり寝る」には?

睡眠に悩んでいる人の中には、不眠症で精神科に通院し睡眠薬をもらっている人もいるでしょう。

睡眠薬をやめたいという場合も、上記のルーティンのように、「睡眠に悪い生活習慣」をすべて改善してください。

1~2つの生活習慣を改善しても、さほど効果はありません。

生活習慣改善を「すべて実践すること」が必要です。

また、体内時計をリセットするための「朝散歩」も必須です。

徹底的に生活習慣を改善すれば、睡眠障害は必ず改善します。本気で取り組んでください。

「ストレスへの対処法」は不変のスキルだ!

臨床経験では、「几帳面でまじめな人ほどうつになりやすい」傾向を感じます。

なぜなら、ストレスの原因を真正面から受け止め、不安になり、悩み続け、リセットできないからです。

悪いストレスをなくしていくことが、「ストレスフリーな人」になるためには重要です。

あなたの「考え方」「受け止め方」を少し変えるだけで、ストレスを受け流せるようになります。

それだけで、「不安」や「悩み」の9割は消すことができます。

本書では、誰しもが悪いストレスを感じる「人間関係」「プライベート」「仕事」「メンタル」「健康」という5つのテーマに対し、

「科学的なファクト」と「今すぐできるToDo」を示します。

「いま何をすべきか」が明確になるでしょう。

超・現実的で役に立つノウハウ!

多くのビジネス書では、「ストレスから逃げろ」「ストレスなんか気にするな」という精神論が書かれています。

しかし、そのようなアドバイスは非現実的です。

本書では、精神科医としての経験から、現実的であり、かつ、効果抜群のノウハウだけを紹介します。

不安、悩み、ストレスにとらわれない生き方。それができると、

あなたの人生は間違いなく楽しく、明るく、達成感と自己成長が感じられる、幸せなものになります。

生き方を変えるのは「今」です!

ネットの声

「今日一日楽しかったこと、、、書けることがほとんどない毎日。」

「体が疲れてないから眠れないんじゃないの?運動したり多く歩いた日はコーヒー飲んでも、ベッドでスマホ触ってても寝落ちして朝までぐっすりだけど。」

「ありがとう。気をつけます」

おすすめの記事