ブラマヨ吉田は「大阪都」推進派…都構想否決に残念

ブラマヨ吉田 大阪都構想否決に無念「最高だった大阪が、一夜で、最悪に変わった」

お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田敬(47)が2日、「大阪都構想」否決にツイッターで無念の思いを語っていました。

大阪都構想に賛同

吉田は以前から「大阪都構想」に賛同するツイートを続けていました。

しかし、住民投票の結果は否決。

それを受けて

「やってしまいました。どうか今後は、ガセにやられて実益を損なう事にならないようにして欲しいッス!」
「これからは、『個』で生きていく事も、考えた方が良いかも知れない。悲しいね。しかし、大チャンスだった。なぜ、こんなチャンスを逃したんだろうか?」

とツイート。

一夜で最悪に

さらに「子供の養育費、給食、塾、妊婦さんの検診費用。他にもたくさんのお得がある♪未来の人の事を、己の給料を削ってまでやってくれた政治家の夢が、今日、散った。最高だった大阪が、一夜で、最悪に変わった」と残念な気持ちをつづったのです。

戦い終わってノーサイドにしたいが…

住民投票で否決が決まった直後に立憲民主党の辻元清美氏は「しびれるくらい拮抗したけど、これでノーサイド」とツイートしました。

吉田は「ちょっと、ノーサイドとは言えんなぁ。デマが凄かった。それは、覚えとく」と複雑な思いを記したのです。

ネットの声

「投票した一般市民はノーサイドでいいと思う。しかしそれを操ったメディアは許されていいのか。
データからもはっきりとメディアによる影響がみてとれた。それは覚えておくべき。」

「大きなチャンスを逃した大阪。確かにやってみないと分からないが、何も変革しなければ、先が見えている。
あれだけ維新のような大阪改革をしようとする人たちは、もう生涯現れないと思うよ。長期的より短期的欲求を選ぶ者が多かったてことだね。まあ大阪らしい。」

「この判断で、今後の生活が良くなればいい。ただ、悪くなった時には文句は言わないように願います。
判断したのはあなた達大阪市民です。それだけは肝に銘じてほしいと思う。」

「急激な変革」よりも「なだらかによりよく」を選んだ結果と思いたいですね。

おすすめの記事