お金を借りるなら消費者金融が一番…とは言いがたいのですが、それでも背に腹は替えられません。さらに街金などはどうでしょうか??

お金が必要なときの調達法

必要なお金が3万円程度のときは、銀行や消費者金融会社からお金を借りるよりも自分で何とかする方法を考えるようにしましょう。
といっても3万円程度でしたら、クレジットカードのキャッシングで借りるという方法が手っ取り早いです。

お金を借りるにも審査が必要なのですが、クレジットカードの場合は、クレジットカードの申し込みをした時点で審査を受けているので、クレジットカードを持っている自体がすでに審査OKで、利用限度額内でしたらいくらでもお金を借りてもいいのです。
いくらでもお金を借りてもいいといいながら、それが返済できなければ問題なので、返済できる分だけ借りるということになります。
そう考えると3万円というのはリーズナブルで借りやすいお金といえますね。
そこで気をつけたいのは、クレジットカードのキャッシングは一括払いでも金利手数料がかかることです。

ショッピングの翌月一括払いは金利手数料が一切かからないので、キャッシングも同じように思っている人が少なくないようですが、キャッシングした翌日からしっかりと金利手数料がかかるので注意しましょう。
クレジットカードのキャッシングの金利手数料は高いと言われる消費者金融会社のローンの金利手数料よりも高いです。
ですから、クレジットカードのキャッシングは緊急時の他に手がないときのみ利用するようにしたいものです。

ですから、最後の手段ということですね。
そうなると、3万円のお金が必要というときは、友人知人に頼んでみましょう。
これはあくまでも友人の財布に現金で3万円が入っている場合です。
無理強いしてATMで引き出してまでもお金を借りようとしてはいけません。
友人の場合でしたら、頼み込んだらATMで引き出してでもお金を工面してくれることでしょう。
しかし、友人知人の関係ですから、そこまでのことをしてもらってはいけないのです。
昔ながらの友達で気心が知れているので、安心してお金を貸してくれることだと思いますが、それに甘えてお金を借りてしまうのは得策ではありません。

親しき仲にも礼儀がありますし、まとまった大きなお金になると友人知人で借りるよりも銀行や消費者金融会社で借りて自分でしっかりとリスクを背負ったほうがいいのです。
3万円のお金ですから、友人の財布の中に現金があって気軽にお金を出してくれる以外では借りないようにしましょう。
また、借用書は借りる側で用意するようにします。
通常でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、友人ですから気が引けて借用書を用意しないものです。

ですから、借りる側のほうで借用書を用意しましょう。
水くさいとか言われそうですが、借用書は何かあったときに必要です。
友人も借用書があると安心するものです。
借用書には次の給料日に一括で返済する旨を書いておくとよいでしょう。
間違っても分割で返済するといった文言を書いてはいけません。
友人とのお金の貸し借りはできるだけ早く一回で返済するようにしなくてはいけません。
逆に一回で返済できないようなお金を借りるべきではないということです。
このあたりは友人知人とのお金の貸し借りのマナーとして覚えておいたほうがいいでしょう。
また、友人知人の財布の中に3万円が入っていないときはあきらめましょう。
そのときは身内に頼るか、消費者金融会社に頼るかということになります。

それ以外では、自宅にある不要品を買い取り業者に買い取りしてもらうという方法もあります。
不要品ですから買い取り価格もそれほどのものにはならないでしょう。
また買値が付かない物もあると思います。
それでも不要品ですから、買取業者のほうも引き取って処分してくれるはずです。
ですから、不要品を処分できると考えたらそれも無料ですから、どんどん不要品の処分をしましょう。

その過程の中で買取値が付くのですからまさに幸運と考えるべきです。
もともと不要品ですからそれほどの買取値は期待できないでしょう。
数多く出しても買取値の総額は1万円あるいは2万円程度かもしれません。
そうなるとまだ必要額の3万円には遠いですから、どうするかというと、書籍やコミックを買取してもらうようにするのです。
特にコミックの場合、人気のコミックの全巻シリーズでもあれば、かなりの高価買い取りとなります。

また、書籍もベストセラーよりもレア本のほうが高く買取してもらう傾向にあるのでそういったものを自分で選択してみるのもいいでしょう。
いずれにしても、書籍やコミックが多ければ多いほど買取金額も増えていくので、目標の3万円には簡単に到達すると思います。


他にはバイトをして稼ぐという方法もあります。
すぐにお金が欲しいとき限定ですが、そうなると日払いをしてくれるバイトを探すしかありません。
求人情報誌などにも掲載されていますが、日にちが決まっている場合が多く、掲載されることには日払いの仕事といった性質上、情報が古くなっている場合もあります。
日払いのバイトを探すのは、ネット全盛といわれる現在においてもけっこう難しいのです。

確実なのはハローワークに朝早くから並んで待っていることです。
ハローワークの中ではなく、正門のところでまっていると迎えのバスが来るのでそれに乗るとガテン系の仕事の現場に運んでくれるでしょう。
ハローワークに問い合わせても、ハローワークは無関係なので、教えてくれません。
実際にハローワークに言って事前調査をしておく必要があります。
基本的にハローワークに集まる人は求職中の人たちですから、働く人を求める会社関係の人たちの出入りも多く、人手不足の折でもあるので、働ける人を探しています。
その中には日払いのバイトもあるかもしれないので、まずはハローワークで情報収集するといいでしょう。

銀行や消費者金融会社で借りる

まとまったお金になると、自分の力で調達するのも難しくなるでしょう。
そういったときは、銀行や消費者金融会社に頼るしかありません。
両者を比べると、金利の低い銀行からお金を借りるようにしたいものです。
しかし、銀行カードローンなどは審査が厳しいので誰でも気軽にお金を借りるというわけにはいきません。
属性の高い人でしたら審査に通りやすくお金が借りやすくなるのですが、属性が低いと審査に通りにくくお金が借りにくいということになるのです。
この属性というのは、信用度や返済能力などを表す指標です。
属性が高いとお金を借りやすく、属性が低いとお金が借りにくくなります。
属性はさまざまな項目から成り立っているのですが、その項目の中でも大きなウエイトを占めているのが雇用形態です。

雇用形態というのは正規雇用と非正規雇用に分けられるのですが、正規雇用はいわゆる正社員のことで、非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。
これだけでも正規雇用の人は属性が高く、非正規雇用の人は属性が低いことがわかるのですが、それは収入が多い少ないということではないのです。
雇用の問題ですから雇用が会社から保証されているのかどうかがポイントなのです。
正規雇用の人は入社時に会社と結ぶ雇用契約が定年まで有効です。
つまり定年まで会社から雇用が保証されているということになります。


非正規雇用の人も会社と雇用契約を結ぶのですが、有期契約となります。
期間は3ヵ月6ヵ月あるいは1年といったように期間がくると会社と更新しなくてはいけないのですが、会社が更新しなければその時点で退職ということになります。
基本的に雇用契約を結んでいる間は雇用が保障されているのは、正規雇用も非正規雇用も変わらないのですが、その期間が違うということです。
よく言われる雇い止めというのは非正規雇用の人と会社が雇用契約を更新しないことです。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預かり金ということが大きいです。

預かり金ですからいつでも引き出しの要請には応じなければいけません。
そういったお金ですから貸し倒れに遭うわけにはいかないということですね。
ですから、リスク回避のために銀行は保証会社とも提携しているのです。
これによって、銀行カードローンの申込者は、銀行と保証会社の両方の審査を受けることになります。
当然ですが、どちらかいっぽうでも審査NGでしたら融資を受けることはできません。
保証会社はどういった役割をするのかというと、銀行カードローン利用者が銀行に対して返済不能となると、カードローン利用者に変わって残りの債務の全額を銀行に支払います。
そして改めて、立て替えたお金を保証会社がカードローン利用者(債務者)に請求するのです。

その時点ではすでに債務整理に入っているでしょうから、保証会社と債務者の間では任意整理の交渉が始まるということになります。
つまり保証会社は債権回収会社であるのです。

横浜の消費者金融会社でお金を借りる

銀行カードローンからお金を借りることができないときは、消費者金融会社に頼ることになります。
消費者金融会社は大きく、大手消費者金融会社と中小消費者金融会社、そして街金に分けることができます。
アコムやプロミスといった消費者金融会社は大手消費者金融会社になります。
カードローンは大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社しか扱ってなく、消費者金融会社のローンの中ではもっとも審査が厳しいものとなります。

カードローンの審査通貨率は50%ということですから、意外と狭き門ということがわかります。
属性に不安のある人、特に延滞歴のある人でしたら、消費者金融会社のカードローンの審査には通らないでしょう。
横浜にも多くの消費者金融会社があるのですが、その中でもキャッシングエイワといった貸金業者は審査が緩いと評判です。
中にはブラックでも借りることができたという、ネットの口コミサイトの投稿もあります。

消費者金融会社には総量規制の問題がある

消費者金融会社には総量規制の問題があり、年収の3分の1までしか借りることができないという決まりがあるのです。
これは法律ですから、破ると消費者金融会社のほうに営業停止などの重い罰則があるのです。

ですから、借りる側のほうもなかなかたくさんのお金を借りることができません。
そういった中で横浜の中小消費者金融会社や街金などでお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか。


総量規制にかかるくらいお金を借りている人は月々多くのお金を返済していると思います5万円程度返済していたら2ヵ月で10万円返済したことになるので、返済利息を度外視して考えると、その分だけ利用可能額が増えるので、新たに10万円でも借りることができます。
街金の貸出金額の相場は10万円ですから、もしものときは街金からお金を借りるといいでしょう。
実際に総量規制の年収の3分の1という金額で、10万円程度は端数ですから、街金の場合は審査も緩いですし、10万円のお金はすぐに融資してくれることでしょう。

個人間融資掲示板を利用する

横浜の街金などでも借りることができなかった場合は、ネットの個人間融資掲示板を利用する方法があります。
個人間での貸し借りになるので、リスクがありますが、貸し出しするほうは掲示板のプロフィールなどに実績を載せているので、貸し出し実績の多い人に融資の相談をすると確実です。

できるだけそういった人からお金を借りるようにしましょう。
貸出金額の相場は横浜の街金と同様で10万円程度となります。
特に審査もなく、連絡がとれることくらいが最低条件となるので、交渉次第ですぐにお金を振り込んでくれます。
返済は一括払いが基本ですが、中には分割払いにも対応してくれる人もいます。
業者が介入してくることもあるので、そういったところから借りることがないようにしましょう。

業者が個人で個人間融資をしている場合もあるので、それはわかりにくいのですが、最初から業者を名乗って貸し出そうとするのは気をつけたほうがいいです。

ネットの声

「なにとは言わんが毎月2万の出費があるので生活がカツカツだ。はやく横浜の街金から100万くらい借りて楽になりたい」

「消費者金融や街金や闇金からは逃れられますが…税金だけは法的に強制で延滞金やらも付けて追いかけてくるのである意味 金貸しより怖いですからね」

「さっと調べると新宿高田馬場界隈が本拠の「街金」中心に全国主要都市に展開してますね。大手都銀バックのサラ金も学生貸付してる。でも一番怖いのは学生向けクレカ。生協提携でキャッシング枠とか敷居が低すぎる。金利はサラ金と変わりませんからね。多重債務の入り口になりかねませんよ。」

お金は借りないのが一番ですがそうも言ってられないですからね。

おすすめの記事