「これからも安倍総理とともに解決を図っていきたい」「的を射ていない発言をするのはやめてほしい」横田めぐみさんの弟・拓也さんと哲也さん

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父・横田滋さんが5日に亡くなったことを受けた、妻の早紀江さん、息子の拓也さんと哲也さんが9日午後、記者会見を開きました。

冒頭の挨拶で拓也さんと哲也さんは北朝鮮を改めて厳しく批判。

メディアの報道についても対しても苦言を呈しました。

※記事の最後に記者会見の模様のノーカット動画を掲載しています。

全身全霊打ち込んでがんばった

まず、早紀江さんは

「いつも穏やかで、苦しいとか痛いとか、そういうことは絶対言わないで、いつも笑顔でした。

だんだん衰弱して、突然5日、息を引き取りました。

拉致された人たちのことを思って、二人三脚で一生懸命に頑張ってきましたけれども、

やっぱり段々年をとって、私もそうですが、身体に色々と具合の悪いところが出てきました。

たくさんの親御さんがいらっしゃらなくなったり、これからも衰弱していかれるのではないかといつも心配しています。

国柄が国柄なので、どうしてもなかなか解決には向かいません。

本当に難しい問題だなと思わされております。

本当にいつも報道していただいて、めぐみたちを助けるために、本当に献身的に被害者のこと、私たち家族のことを報道し続けて下さった長い年月に、心から感謝いたしております。

滋も皆さんと仲良くさせていただいて、いつも穏やかに暮らすことができたこと、

たくさんの(拉致議連の)先生方や救う会の指導力も素晴らしかったし、

何も思い残すことがないほど、全身全霊打ち込んで頑張ったと思っています。

安らかに、すごくいい、本当に静かな顔で天国に引き上げられたこと、

私は良かったなと思っております。ご支援を感謝しております」

と挨拶。

問題解決を図ることに期待

一方、拓也さんは

「父はめぐみの写真を撮ることがとても大好きでしたから、

報道で過去の写真を使っていただくこともありました。

本当に目の中に入れても痛くないほどかわいがっていた姉にどれだけ会いたかったかと思うと、

悔しくて悔しくて仕方がありません。

2002年の日朝首脳会談の後に父が泣いていた姿を見て、

そして今回、父が他界したことを受け、 私個人は本当に北朝鮮が憎くてなりません。

許すことができない。

どうして、これほどひどい人権侵害をしつづけることができるのか。

不思議でなりません。

国際社会がもっと強い制裁を課して、問題解決を図ることに期待したいと思います」

とコメント。

「そして私たち横田家のそばに長い間いた安倍総理には、本当に無念だとおっしゃっていただいています。

私たちはこれからも安倍総理とともに解決を図っていきたいと思っています。

国会においては、与党・野党の壁無く、もっと時間を割いて、具体的かつ迅速に解決のために行動して欲しいと思います。

マスコミの皆さまにおかれましても、イデオロギーに関係なく、この問題を我が事として取り上げてほしいと思います。

自分の子どもならどうしなければいけないか、ということを問い続けてほしいと思っています」

と訴えました。

安倍政権批判にもの申す

さらに哲也さんも

「父が果たせなかった思い、遺志を受け継いで結果を出す、

墓前で“帰って来ました”と報告することが残された者の使命だと思っています。

2011年に金正日が亡くなって2012年に金正恩がリーダーに就いたわけだが、

その時に前の政権の悪行を否定して生まれ変わっていれば、

北朝鮮は国際社会に復帰でき、資金や物資がどんどん流入して国民が豊かになり、

そして拉致問題も解決すれば被害者家族も幸せになれた。

すべてがウィンウィンになれた。

にも関わらずそれをしなかった。本当に愚かなリーダーだと思います」

とした上で、

「一番悪いのは北朝鮮ですが、問題が解決しないことに対して、

ジャーナリストやメディアの方の中には、安倍総理は何をやっているんだ、というようなことをおっしゃる方もおられます。

ここ2、3日目、北朝鮮問題は一丁目一番地だというのに、

何も動いていないじゃないか、というような発言をメディアで目にしましたが、

安倍総理、安倍政権が問題なのではなく、

40年以上何もしてこなかった政治家や、

北朝鮮が拉致なんてするはずないでしょと言ってきたメディアがあったから、

安倍総理、安倍政権がここまで苦しんでいるんです。

安倍総理、安倍政権は動いてくださっています。

やっていない方が政権批判をするのは卑怯です。

拉致問題に協力して、様々な覚悟で動いてきた方がおっしゃるならまだわかるが、

ちょっと的を射ていない発言をするのはやめてほしいと思います。

うちの母も、有本のお父さんも、飯塚代表もかなりのお年で健康も芳しくありません。

これ以上同じことが起こらぬうちに、

政権におかれては具体的な成果を出して欲しい。

国内には敵も味方もありません。

日本対北朝鮮、加害者対被害者の構図しかありません。

これからも協力をお願いしたいと思います」

と話しました。

ネットの声

「>40年以上何もしてこなかった政治家や、北朝鮮が拉致なんてするはずないでしょと言ってきたメディアがあったから、安倍総理、安倍政権がここまで苦しんでいるんです。これが真実。拉致を認めてこなかった、嘘だと言っていた共産党、旧社会党系の政治家は責任を取れ。同じくメディアも自己検証して反省してほしい。絶対しないと思うけど・・・」

「息子の拓也さんのコメントの通りで、安倍政権だけの責任ではない。もし責任を問うなら国会議員全員です。むしろ頼まれもしないのに、こういう人の死を利用して、政権批判した人たちの心情が理解できない。政権批判のためなら利用できるものはなんでも利用してもいいという訳ではないと思います。利用した人達は横田滋さんのご遺族に謝罪すべきだと思います。」

「横田さんご家族にとってあまりにも理不尽な事態に、怒りを政権や総理にぶつける人は多いが、与野党どの政治家にも「拉致」自体を信じてももらえず門前払いだった中、唯一安倍さんだけが話を聞き着手したことから活動が本格化できた。だから横田さんをはじめ家族会も政権が民主党から自民党に戻った事を喜んだ。今の憲法で、北朝鮮に働きかけられることは限られている。軍事力のないことも、あのような国への圧力はかけにくい。
会見でも弟さんが仰っていたように、国民の誰もが、拉致被害者は自分だったかもしれないという意識を持って団結する気持ちがあまりにも足りなかったことが申し訳ない。家族会をこれからも応援したい。滋さんのご冥福を心よりお祈りする。」

安倍政権で拉致問題が解決できなければ他の人では無理でしょう。

哲也さんの発言の中で都合の悪いところ(メディア批判)の部分…NHKはカットしていました。

心当たりがあるのかもしれませんね。

追求しても、放送時間の都合でカットせざるを得なかった…と言うのでしょう。

おすすめの記事