思い込みだったらしいよ夜10時までに寝なくてはいけないのウソ…

お肌のためには夜10時までに寝ないといけない!というのは実は単なる思い込みだって知ってましたか?

「美しい肌のためには22時までに寝よう!」

いわゆる睡眠のゴールデンタイムが夜10時?深夜2時と言われているから、この時間まで寝ることが美肌の条件のように思われています。

しかし、その考えは時代遅れだって知ってましたか?

どのくらい時代遅れかと言うと、みんながスマホを使っているのに黒電話を使っているくらいの遅れっぷり。

睡眠は人生の約1/3を占めるのですから、時代遅れの考え方ではQOLに大きく影響すのは否めません。

そこで今回は、今までの睡眠のゴールデンタイムの思い込みを解きつつ、本当の睡眠のゴールデンタイムについてご紹介します。

なぜ夜10時までに眠るのがいいと思っていたのか?

思い込みって怖いですよね。

一般的にこの睡眠の「ゴールデンタイム」が広まったのは女性誌で取り上げられたからです。

もう少し深堀りすると、この時間帯に成長ホルモンが分泌されて身体の修復・回復が行われると取材した雑誌の編集者の方が医師から説明されたとのことです。

さらに美容外科では成長ホルモンを注射で投与するメニューもあるくらいですから、夜10時から深夜2時までに眠れば成長ホルモンが分泌されてお肌が綺麗になる!という理論が一気に広まったわけですね。

しかし、現代の科学はこれを否定しています。

本当の睡眠のゴールデンタイムはいつ?

大事なのは時間帯じゃないというのは意外ですよね。

実際に成長ホルモンが分泌されるのは寝始めてからの最初の3時間ほどの深い睡眠中です。

何時から何時までという決まったリズムで分泌されているわけではないんですね。

極端な話ですが、昼寝でも長く眠れば成長ホルモンは分泌されます!

本当に意識しなくてはいけないのは、何時から何時までの間に寝るのかではなく、いかにリラックスした状態で深く眠るかです。

「ゴールデンタイムを逃してはいけないっ!」などと意気込んで寝る必要は全くないわけですね。逆にこれでは緊張してしまってリラックスすることは難しいでしょう。

アクションプラン

正しいガイドラインがないと迷子になりますよ。

ここまでをまとめると、リラックスした状態で睡眠に突入する方法を実践するのが最適です。

寝る前には何も食べない

血糖値が上がっている状態では睡眠は深くなりません。なので寝る前は基本的に何も食べません。

ジュースなども血糖値が上がってしまうので寝る3時間ほど前からは水やハーブティーを飲むのがおすすめ。

体温を上げておく

寝た後に体温が下がると深い睡眠が可能です。体温が下がるにつれて眠気も自然にやってくるというのは有名ですよね。

時間がなくともなるべくなら入浴したほうがトータルで考えるとプラスになるのでおすすめですよ。

テアニンを飲む

テアニンを飲むと40分ほどで脳ではα波が出ます。α波が出ている時はリラックスした状態なので睡眠の質も向上します。

健康な男性22名に対し6日間の期間、テアニンを就寝前に飲んでもらう実験によると、テアニンを飲んだグループとそうでないグループではテアニンを摂取したグループのほうが睡眠の質が向上したというデータもあるほど。

テアニンはドラッグストアでも手軽に購入することができるのでおすすめですよ。

どの時間帯に眠るかではなく、いかに寝つきを良くするかが重要!

このくらい眠れれば人生の悩みの大部分は消えそう。

私もかつては「ゴールデンタイムの間に寝ないとダメだ!もう寝ないと!」とヤル気満々でベッドに飛び込んでいました。

こんな興奮した状態で睡眠の質がいいはずもなく、ゴールデンタイムに眠っているのにどうして身体の調子が良くないのだろうと不思議に思っていたほどです。

この間違いに気づいてからは睡眠の質は良くなり、翌日に疲れを持ち越すことが激減しました。

間違った知識は間違った行動の原因です。おかしいと思ったら見直しましょう。



おすすめの記事