吉野家の牛丼に牛肉とタマネギしか入ってない理由

「吉野家」の牛丼はなぜ、“牛肉とタマネギだけ”なのか

明治時代になり、日本に牛肉を食べる文化が伝わります。

それと同時に、牛肉と野菜を鉄鍋に入れ、割り下を入れてグツグツと煮る「牛鍋」が誕生しました。

そこに日本人の米文化が結びついて登場したのが、牛鍋をご飯に乗せた「牛飯」です。

吉野家の歴史は明治から

そのような牛飯に注目したのが、牛丼チェーン「吉野家」の創業者・松田栄吉です。

1899年(明治32年)、「東京・日本橋の魚市場で働く人たちに、美味しいものをお腹いっぱい食べてもらいたい」という思いから、牛肉とご飯を有田焼のドンブリに入れて提供しました。

これが牛丼の始まりとされています。

昭和の時代は牛丼だけのメニューだった

その後、1958年(昭和33年)に「株式会社吉野家」が設立されると、牛丼以外のメニューはすべて排除し、牛丼専門店へと転身します。

さらに「牛丼を食べに来るお客さんは、牛肉を食べに来ている」と考え、たっぷりの牛肉とタマネギだけを具材に、シンプルな牛丼の提供を始めました。

こうして現在の牛丼文化が日本の食生活に根付いて行きます。

豚丼もおいしい

「牛丼」があるように、「豚丼」もあります。

昭和初期に北海道・帯広市の食堂で、炭火焼きした豚肉にウナギの蒲焼き風のタレを絡め、ご飯に乗せて提供したのが始まりとされています。

ネットの声

「シンプルなものは絶対「シンプル」のままがいい。定番メニューは常にそうであってほしい。リピーターは安定の味が好きな人が多い。」

「牛肉とタマネギのマッチングが絶妙のバランスで余計なものはいらない。豆腐もしらたきも牛丼には必要ない。」

「いいんじゃないですか? 味のバランスいいですもん。ついでに言うとライバル店よりもご飯がおいしい。紅しょうがをたくさん載せていただくのが大好きです。」

おすすめの記事