芸人ギャラ事情ってどうなってるの?吉本はやっぱりブラック??

所属お笑い芸人の数では日本一の吉本興業です。現在は闇営業の一件から、芸人のギャラに対して吉本興業の取り分が多すぎるのではないかということで話題になっています。吉本興業はブラック企業なのでしょうか

闇営業の件…嘘をついていたのがよくなかった…

詐欺グループへの闇営業…カラテカ入江の闇営業に吉本所属の多くのお笑い芸人が参加していたことで、話題になっています。今回は「詐欺グループ」というのがまずかったというのが大方の意見です。

というのも、闇営業自体、言葉が悪いのですが、もともと昔から「直営業」ということで、売れない若手芸人ではそんなことは当たり前のようにやっていたようです。

それを吉本興業も大目に見ていた(見て見ぬふりをしていた)のです。

もっともアルバイト程度の仕事ですから、めをつむっていたのでしょう。大きな仕事ではそうもいきません。

今回の闇営業は、雨上がりの宮迫やロンブーの亮などが100万円のギャラをもらっていた…という話ですから、闇営業としてはかなり大きな額です。

お金の出所が、詐欺を働いて得た詐欺グループから出ていたということが大問題になっているのです。最初は、「お金は受け取っていない」と参加したお笑い芸人全員が口裏を合わせたように釈明していました。

しかし、追求が厳しくなってくると、やっぱりお金をもらっていました…ということになって謹慎処分となったのです。もっとも、詐欺グループである反社会勢力であるということは知らなかったと今でも弁明しているようですが…。

本当に無名の若手芸人でしたら、ここまで話は大きくなってなく、カラテカ入江の解雇で話が収まっていたように思いますけどね。

雨上がり宮迫やロンブー亮以外にも、レイザーラモンHGやくまだまさし、天津木村、ムーディ勝山など全国的に知られた名前が含まれてますから、どれだけ豪華な宴会だったのか、これだけの芸人が集まってノーギャラはありえないですよね。

むしろノーギャラだったとしたら、それこそ芸の安売りで問題になっていたことでしょう。実際にギャラは絶対にもらっているということで、同業者から多くの声が最初からあがっていました。

吉本興業所属芸人のギャラ事情はどうなってる?

闇営業をせざるを得ない…ということで吉本芸人の懐事情が話題となっています。

とかく話題になりがちなのが吉本興業のギャラの安さで、お笑い芸人もネタにするくらい。どらくらいのものかというと、テレビ局や劇場の興行主などから支払われる出演料の9割が吉本の取り分で、残りの1割が芸人の取り分となるのです。

これは、劇場のギャラから、CM、ドラマ、バラエティなど全て一貫しているんだそうですよ。

逸話には事欠かないのですが、ココリコの遠藤の給与明細を見た千秋が、「吉本って本当にギャラを9割取るんだなと思った」と語っています。

あらゆる芸人がネタにしていますし、これは真実のようですよ。

もっと衝撃的な事実があります。

キャリア30年の大ベテラン、FUJIWARA・藤本敏史…ふじもんとしても有名。

そのふじもんが、「ルミネtheよしもと」のステージに1回立った時のギャラを1万6000円と明かしたことがあったのです。

若手時代の話ではなく、ある程度全国にも名が売れていた時代です。

これは一人分ですから、まだ良い方で同じく吉本芸人の「ライス」は、「キングオブコント2016チャンピオン」という肩書きがあるにも関わらず、1ステージは2人合わせて5000円だということです。

これが、吉本芸人以外でしたら、途端にギャラが跳ね上がります

年間の営業本数200本をこなす「営業の神様」テツandトモ(ニチエンブロダクション)の1ステージは、50~100万円。

テレビの露出が減って、「消えた芸人」なんて言われていたテツandトモですが、しっかりと稼いでいますよね。しかしこれが吉本所属だったらこんな風にはいっていなかったかも…。

そもそも9割も取る吉本は搾取してる??

明石家さんまも、吉本興業の社長に「もっとギャラを上げてくれ」といっているくらいですから、若手芸人の窮状は推して知るべし。

しかし、そもそも9割も取るというのは法外なのでは?という意見もありますが、法律的にはどうなのでしょうか

これが全く問題がないということです。つまり違法性はないということですね。

吉本という大看板があるから仕事があり、仕事を斡旋してもらえるのです。

これは、ネットショップなどが、高いロイヤリティを支払って楽天市場やZOZOタウンなどのECサイトに加盟しているのと同じ理屈です。

加盟していないと、売上すらままなりませんから、大きなECサイトに所属しなければいけません。それと同じことが芸人にも言えるということですね。

双方が納得して契約を交わしているのですから、嫌なら所属事務所を変えればいいことです(契約書がないという話も聞こえてきますが…)。

そもそも「解雇」といっていますが、契約解除のことで、吉本と所属芸人の間には雇用契約はありません。社員ではないということですね。

お笑い芸人も独立した個人事業主ですかから、双方の合意のもとで契約を交わし取り分を決めているということです。とはいっても、もう少し何とかならないのかなといった意見が圧倒的に多くなっています。

カンニング竹山は、「うちは取り分が芸人のほうが多いから、そもそも闇営業ということはあり得ない」と言っています。

ネットの反応

「生活出来ないほどの搾取するヨシモトの取り分何とかならんのか?」

「多くの芸人を抱えている吉本の苦労もわかるけどね…」

「嫌なら吉本を出たらいい話」

いろいろな意見があります。吉本興業の面倒見の良さを指摘する声もあるんですけどね。

おすすめの記事