9月2日、タピオカ店オーナーが木下優樹菜さんを相手に損害賠償請求をした、第1回口頭弁論が東京地裁で開かれました。

一方で、“タピオカ”裁判開始裏で新たにインスタ開設していたのです!

今後は本人の出廷も

「原告側、被告側ともに代理人弁護士による開廷になりましたが、今後、展開によっては“本人”の出廷も考えられます。夫のフジモンと離婚し、芸能界引退に追い込まれた“一件”ですからね。ユッキーナ自身も“言いたいこと”は山ほどあるでしょうし、裁判は荒れるかもしれませんよ」(スポーツ紙記者)

事の発端は昨年10月に、木下さんの姉が務めていた都内のタピオカ店とのトラブルにより、木下さんが《もうお店に行かなくて大丈夫です》とインスタグラムに投稿したことから始まります。

すると、同店オーナーが恫喝まがいのダイレクトメールを彼女から受け取ったことを明らかにしたのです。

「その後、バッシングを受けた、ユッキーナは活動自粛を発表し、オーナーに謝罪をしようとするも受け入れられず事態は泥沼化。12月31日にはFUJIWARA・藤本敏史と離婚し、翌年の1月にはサッカー選手との“インスタ縦読み”不倫疑惑も報じられました。
そして6月9日発売の『週刊女性』の取材に“仕事再開”の胸の内を明かすと、7月1日にインスタで芸能活動再開を発表しました。しかし、その5日後に所属事務所が《信頼関係を維持することが著しく困難である》として契約を解除。芸能界引退となり、インスタを封鎖したのです」(前出・スポーツ紙記者)

新インスタに登場したユッキーナ

ところが、裁判前日の9月1日に、木下さんは再度自身のインスタを新規開設したのです。

《木下組のみんなへ?》と始まった最初の投稿、

金色に染められた髪の毛を一つにまとめ、両肩を出した露出の多いワンピースドレスを着た木下の姿があったのです。

そして《大切な友人のべびたん》と赤ちゃんをあやす姿が動画で収められていのですが、芸能界という“しがらみ”から解放されたためか、どこか穏やかな表情にも見える木下さんがそこにいました。

一方で2日の投稿では、バッチリメイクを施して金髪を編み込んだレゲエ風スタイルも披露。

まるで裁判開始に備えるような挑発的な姿を見せているのです。

この投稿をInstagramで見る

 

これか゛すこ゛く大好評?????????? てきとーに三つ編みしたた゛け? 後ろの方手か゛疲れちゃったからてきとー?? #リモート集会 #計画中

???????????? 優樹菜(@yukina1204xoxo)がシェアした投稿 -

好意的なコメントが

「“木下組”とは彼女のファンクラブの名称で、インスタにはさっそく“おかえりなさい”などのコメントがあふれています。どうやら今後は、“リモート集会”という形で、ネット上でファンとコミュニケーションをとっていくみたいですね。どういった方法で、収益化させるのでしょうか。
それにしても、彼女の人生を一瞬にして暗転させたインスタのはずですが、こうしてまた再開させようとする気持ちは正直理解しかねますね。いくらファンと繋がるためとはいえ、もはや“中毒”にも思えてしまいます。もう、恐いものはないでしょうから、どんな暴露があってもおかしくなさそうです。今後、裁判が進められる中で、このインスタにも注目が集まりそう」(芸能リポーター)

ネットの声

「画像を見て思ったのは、自分の親が普通の人で良かった。」

「誠意を持って謝罪する気があればすでに解決している問題のはずなのに裁判にまでなっているのだから本人はサラサラ反省していないということ。それなのにどこ吹く風でインスタ開始は人としてどうなの?やはりヤンキー気質は変わらないという気がする。更生に期待するのはムリだと感じる。」

「タピオカの件が無くても芸能界で生き残るのは厳しかったでしょうね。32歳にもなって若いタレントとギャーギャー騒いでいるだけで、歌も芝居も出来ない。日頃から歌や芝居の芸事に真面目に取り組んでいれば、誰かが手を差し伸べてくれたり、復帰する機会もあったかもしれない。そして事態がここまで悪化する事もなかったと思います。引退の直接原因はタピオカ店への恫喝騒動だけど、遠因は日頃の行いなんじゃないでしょうか?」

一般人になったのですからどうしようと勝手…のはずですがやはりかなりの賛否があるようです。

おすすめの記事