木下優樹菜(31)といえば昔は筋金入りのヤンキーでならしていました。

現在はフジモンことお笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史(48)の妻となっています。

好感度も上々のゆっきーな…“タピオカ恫喝問題”で大炎上して謝罪に追い込まれているのです。

タピオカ恫喝問題とは?

ことのあらましは以下です。

木下優樹菜の実姉が、今年7月にオープンした都内のタピオカドリンク店で働き始めたのです。

木下は自身のインスタグラムで〈みんなタピりに行ってね〉などと、まるで姉の店のように宣伝していました(現在は削除…)。

ところが、ほどなくして姉はタピオカ店を辞めることになったのです。

その際、店側とトラブルになったということです。

そこで木下が参戦…“恫喝DM”を送ったというのですから話は尋常ではありません。


木下は、姉がタピオカ店とトラブルになっていることを自身のインスタで10月6日に報告(現在は削除)しています。

そして、その直後から木下のファンがタピオカ店のインスタに殺到することになったのです。

そこにはタピオカ店に対する中傷の数々が…。

「最低な店。絶対に行かない」
「経営者失格」
「謝れ! 謝れ!」

などのコメントが、次々と書き込まれたのです。

それもそのはずで、木下優樹菜は芸能界でもトップ5に入るくらいのインスタのフォロワー数が多いのです。

その数、ナント530万人ということですから驚きです。

ところが、事態は一変するのです。

タピオカ店の関係者が、木下が店側に送ったDMをスクリーンショットで撮影…

ツイッターで公開したのです。

この木下が送ったDMの内容が穏やかではなかったのです。

「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」
「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー」
「色々頭悪すぎなw」
「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ」

これは恫喝というよりも脅迫に近いものですよね。

「〈まるで脅迫じゃないか〉などと、今度は非難が木下に集中。炎上騒動になってしまったのです」(芸能ライターの山下真夏氏)

木下優樹菜の謝罪

木下優樹菜は10月9日付けのインスタグラムで、次のような謝罪文を載せています。

「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした…」

この謝罪文も、本人が自分で書いたのかどうか怪しい…という声が殺到しています。

自他共に認める「おバカタレント」ですからね。

この投降にはすでに5,000件以上を超えるコメント(11日現在)がついています。

木下を擁護する内容と誹謗中傷が入り混じっているのです。

今後の仕事の影響は?

木下優樹菜はフジモンと2010年に結婚。

2人の娘がいます。

夫婦仲がいいことで知られていて、バラエティ番組にも揃って出演しているのです。

お互いをネタにすることも多く、木下は昔はヤンキーだったけど今は良いお母さんというイメージ


ママタレとしての好感度も高いものがありました

しかし、今回の恫喝の一見で好感度もゼロどころかマイナスになってしまいましたね。

なんといっても、大物芸能人のような物言いが批判対象となっていますし、今後はフジモンとのCM出演も難しいでしょう。

フジモンの仕事にも影響が出ることは必至。

そして、何よりも木下優樹菜自身の仕事は壊滅的に減ってしまうでしょう。

というよりも干されてしまうのは必至といった状況です。

これまでも、木下優樹菜は数々の炎上事件を起こしています。

2016年には、出演したバラエティ番組で、「学生時代に八方美人な振る舞いをする女子を問い詰め、発言の真偽をみんなの前で暴いて不登校にした」という趣旨の発言をしていました。

これが「いじめ自慢だ」ということで、ネット上で炎上した過去もあるのです。

「正義感が強いのかもしれませんが、それが暴走している感は否めません。自身の発言が大きな影響を及ぼすことがあるということを、もう少し自覚する必要があるでしょう」(前出の山下真夏氏)

ネットの声

「そもそもいじめ武勇伝とかを平気をテレビで自慢する木下優樹菜の好感度が高かったことが不思議だった。ようやく馬脚を現したようで、この機会にぜひテレビから消えて頂きたい。」

「元々好きでなかった自分の認識だと、このDMのような言動も全てイメージ通りで「知ってた」ので、特に印象変わらない。むしろ今まで好印象だった人はどういうイメージを抱いていて、どうイメージとちがったから好感度下げているんだろうか。」

「今までこういう事が無かったのが不思議だったよね。」

今回の件でイメージダウンは避けられませんよね。お店側は訴訟も検討しているようですよ。

おすすめの記事