ディズニーランドの『買い物袋有料化』に、ネットがざわつく 「高っ」「夢の国価格だ」

2020年7月1日より全国で開始されたレジ袋の有料化。

コンビニエンスストアやスーパーマーケットで買い物をする際、最初は慣れないと感じる人も多かったかもしれませんが、徐々に浸透してきた印象です。

そして、ついにあの『夢の国』でも有料化が始まることになりました。

ディズニーランドの買い物袋が、有料化

同年9月7日、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドが、パーク内で無料提供していたプラスチック製買い物袋の有料化を発表。

有料化は10月1日より開始されます。パーク内で配布されていた買い物袋は3種類ありましたが、有料化後はサイズを2種類に減らすそうです。

オリエンタルランドの公表した情報は以下の通り。

◆有料となるお買い物袋

・サイズ:2種類(ヨコ290×タテ460㎜、ヨコ530×タテ570×マチ90㎜)

・金 額 :一律20円(税込)

※このお買い物袋は、今まで提供していたお買い物袋同様、バイオマス素材を40%配合しており、環境に配慮しています

元々有料対象外の素材だったが…

オリエンタルランドでは、買い物袋が国のレジ袋有料化の除外対象の素材だったこともあり、有料化制度の開始以降もこれまで無料で提供してきました。

しかし今後は、1枚20円(税込み)がかかるため、多くの来場者はエコバッグを持参することになりそうですね。

さまざまなコメントが

ネット上では、このニュースにさまざまなコメントが寄せられています。

  • とうとう夢の国でもレジ袋が有料に。
  • 20円、高っ!けど、東京ディズニーランドというのは、そういうところ。
  • ついにディズニーのお土産袋も有料か。あの袋はかわいくて好きだったな。

ちなみに、パーク内では7月よりオリジナルのエコバッグも販売されているとのこと。

ついつい欲しくなってしまうような、素敵なエコバッグがシーズンごとに登場するかもしれません。

それもまた、来場者を楽しませそうですね。

ネットの声

「ディズニーが率先してマイバッグを推奨したら流石と思うが、20円の有料ではスーパーより高いと、今でも高すぎて行けない。
低所得世帯は行けないよ。としまえんの方が残ってほしかった。」

「元々は販売コストで提供していただろうから原価は関係ないと思うけど、なんでスーパーやコンビニの何倍もする袋代なんだろう?
その分を商品価格に還元するのかな?」

「なぜに20円。むしろ、夢の国を謳うくらいなんですから、入場時にお土産エコバッグを一つプレゼントとかでもいいくらいだと思いますが。
エコバッグの原価なんて、それこそ20円もいかないでしょう。。」

「夢の国だから…」と納得する人もいれば、批判的なコメントも少なくないようですね。

マイバッグ持参が増えるかもしれませんが、夢の国でスーパーのレジ袋見たくないかも!?

おすすめの記事