「有料レジ袋廃止」そうなると岸田内閣最大の大仕事になるかも!?

小泉進次郎氏肝いり「有料レジ袋」廃止か 桜田義孝議員が新環境相に相談

元東京五輪・パラリンピック担当相の桜田義孝衆院議員(71)が10月5日、ツイッターを更新。

レジ袋有料化について新環境相に相談したと明かしています。

レジ袋有料化に多くの不満が

コンビニなどでレジ袋が有料化されたのは昨年7月。

プラスチックごみ削減のため、当時の環境相だった小泉進次郎氏が導入したのですが、利用者からは不満の声が上がっていました。

岸田内閣で小泉氏が環境相を外れ、山口壮氏が新環境相となったことで、今後の動向に注目が集まっていたのです。

レジ袋有料化のメリットデメリットについて相談を

桜田氏は「地域の皆様からの要望で、レジ袋についてのご要望を頂いております。レジ袋有料化のメリットデメリットについて、私の盟友である山口つよし環境大臣に直接ご相談をさせていただきました」とツイッターで報告したのです。

レジ袋有料化廃止を求める声が

このツイートは1万以上の「いいね」が集まるほどの注目で、

「デメリットのが大きいなら訂正して、無料に戻すべき」
「毎回『レジ袋はいかがされますか?』と聞かれるのは非常にストレスです」
「レジ袋元に戻してください」

などと有料化廃止を求める声が集まっています。

小泉氏の肝入り政策も風前の灯なのかもしれません。

ネットの声

「レジ袋有料、反対です。店によっては無料の店もあります。便乗して紙袋ですら有料の店もあります。マイバッグで万引きも増えたと聞きます。元に戻してほしい。」

「ホントに元に戻してほしい。進次郎の実績づくりに国民が巻き込まれただけで、正直あんまり意味ないみたいだし。意識付けには多少なったかもしれないけど、殆どの人は「金取られるなら貰わねーよ」程度だと思う。」

「よくぞ相談してくれましたね。こんな環境にも優しいかどうかも分からない愚策なんて一刻も早く撤廃すべきですね。」



おすすめの記事