優勝トロフィーの蓋なくしたかも疑惑!?ラグビーワールドカップ優勝の南アフリカがやらかした??

ラグビーワールドカップの優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」の蓋が取れた画像から、もしかしたら「蓋をなくした!?」と話題になっています。

まさかの悲劇勃発!?

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で3度目の優勝を飾った南アフリカ。

“スプリングボクス”の愛称でも知られるチームにまさかの悲劇が起きていたのです。

現在は優勝パレードツアー中のスプリイングボクス、

しかし、大会優勝チームに贈られるトロフィー「ウェブ・エリス・カップ」の蓋の部分を紛失してしまったのではないかと話題を呼んでいるのです。

海外メディアが盛んにこのことを報じています。

Twitterがこちら

「蓋はどこに?」「なくしてしまったようだよ」とファン困惑、南アが公開した“蓋なしカップ”の実際の投稿

蓋はどこに行った?

栄えある優勝トロフィーの一部はどこへ行ったのでしょうか。

早くもファンの間でざわつき始めているということです。


蓋が見えますが危ない…

ニュージーランド地元紙「NZヘラルド」が

「ファンたちがスプリングボクスに対しチャンピオンパレードで蓋のないウェブ・エリス・カップに疑問を寄せている」

と見出しを打って、まさかの事態を報じています。

「ラグビーワールドカップ優勝トロフィーが南アフリカに来て以来、一週間も経っていないが、どうやらその一部が既に『紛失』されてしまったようだ」

南アフリカは7日から優勝パレードツアーを開始。

トロフィーを掲げながら、同国の各地を巡ってファンと喜びを分かちあっているのですが、その中で何らかの“事件”が起きたのでしょうか。

記事では

「ヨハネスブルク、ソゥエト、そしてプレトリアを訪問し、ポートエリザベスとクワマシュと回った」

とパレードの経路をレポートしています。

「しかし、パレードの写真を見るとわかるように、ウェブ・エリス・カップは重要な部分が失くなっていた。それは、『蓋』だった」

と驚きの説明を加えているのです。

デクラーク犯人説

実際のスプリングボクスの公式ツイッターではパレードの様子を写真付きで公開してします。

その画像を見ても、確かにカップの蓋の部分がなくなっているのです。

ファンからは次々と蓋の行方を心配する声が出ています。

「チャンピオン達!蓋は?」

さらに

「ファンたちがソーシャルメディアで写真を共有し、チームに対し蓋がどこに行ったのか質問をし始めた」

とざわつき始めたというのです。


そしてファンのツイートを次々紹介。

「割と本気で、どこに蓋は行ってしまったんだい?」
「チャンピオン達!蓋は?」

などという声が上がる中で、あるファンから

「詳しくは知らないが、蓋をなくしてしまったようだよ」

というツイートがされ、一気に拡散されていったようだと伝えています。

「失くなっている蓋に関する理由は恐らくあるにも関わらず、あるツイッターユーザーは素早く冗談交じりに容疑者の名を述べた」

記事ではこう記し、冗談交じりにSHデクラークが“犯人”として名指しされていることも伝えています。

また

「先週南アフリカラグビーユニオンは、ウェブ・エリス・カップに3万ポンド(約420万円)の保険をツアーのためにかけていると公表した」

とも説明を加えていました。

果たして優勝トロフィーの蓋はどこへ行ったのでしょうか。

現時点でチーム側から公式な声明は出されていません。

ネットの反応

「盗難なのか、紛失なのか、紛失のふりなのか…そもそも、扱いが雑だなと思っていました。国王や大統領さえ素手で触れることが出来ず、優勝経験者しか素手で触れてはいけないという厳格なルールがあるのに、某選手の嫁は真っ赤な口紅を塗ったまま、素手で掴んでトロフィーにキスしてたし。」

「初代ジュールリメ杯は 1回目の盗難の後、犬が咥えて持ってきた。2回目の盗難では 溶かされて装飾品にされた。それ考えたら今回のは蓋だけだから 新品と取り替えても良いのでは」

「W杯開催が決まって第1回大会前に慌てて骨董屋の銀のカップに金メッキして作ったカップでも、今は重みが出てきた。何処で見当たらなくなったんだろ。優勝後の控え室でカップに酒を注いでいたような映像見た気がするけど、流石に帰国してからだよな。」

蓋があったりなかったりなんですよ。きちんと蓋が管理されているといいのですが…

こういうのも南アフリカらしいというか、デクラークが犯人扱いされているのは笑えます。

おすすめの記事