【大相撲】結びの一番の後の座布団投げ…あれっていいの?

大相撲でよく見られる光景が結びの一番の後の座布団投げ…。正確には「座布団の舞」というのですが、大相撲の取り組みにおいて横綱が格下の力士に敗れたときに、観客が土俵に向けて座布団を投げる行為です。

見た目に見苦しい?

大相撲でよく見られる光景が座布団投げです。土俵に向かって投げられる座布団は、「座布団の舞」と呼ばれ、大相撲観戦の醍醐味とも言えるものです。


しかし、座布団といえどもあのように乱舞すれば壮観ですが、人に当たれば怪我もしますし、飲み物などに当たれば辺りに散乱することでしょう。

見た目にも危険と言える座布団投げですが、いつから始まったのでしょうか。

明治時代にはひいきの力士にご祝儀をあげる目的で、羽織や帽子などの個人を特定できるものを投げ、「呼び出し」または力士本人がそのご祝儀を投げてくれた人に返却かたがた挨拶にいくことでご祝儀をもらう習慣があったようです。

当時はこれを「投げ花」と呼んでいたようですが、明治42年に初代両国国技館が完成したことで禁止されることとなりました。

現在の座布団投げはそれを引き継いだものという説が有力です。

ただし、現在の座布団投げは、横綱が負けたときの野次的な意味合いが強く、勝った力士に対する祝福の意味が込められているのです。

また、取り組みそのものに波乱が起きたという意味でも座布団が舞うものと推測されています。

そのため、金星が出た取り組みではほとんどの場合で、座布団の舞が起こっています。現在では、千秋楽の横綱同士の結びの一番ではどちらが勝っても、称賛という意味で座布団が舞うことが多くなっているようです。

座布団投げは禁止されている?

大相撲本場所中において、座布団を投げる行為は「基本的には行ってはいけない行為」とされています。座布団が人に当たって怪我につながる恐れがあるほか、館内の照明機材等に当たるなどして、大きな事故に繋がる可能性もあるからです。

それは、館内でたびたび放送される次のようなことからも明らかです。

「座布団や物は投げないで下さい。座布団や物を投げて怪我をされた方がいらっしゃいますので絶対に投げないで下さい」

それでも、伝統として受け継がれてきたためか全くといっていいほど守られる様子はありません

しかし、どう考えても座布団投げは危険であることに変わりはありません。

投げる側は、「よくやった!」と力士めがけて投げるわけですが、見ていても力士に当たることはほとんどありません。明らかに明後日の方向に飛んでいる座布団が多く、土俵の周囲に座る勝負審判の親方たち、「砂被り席」の一般観戦者などもいるのですから。

相撲協会も手をこまねいているわけではなく、対策を講じています。それが11月に行われる九州場所です。ここでは、2人分の座布団をつなげて重くし、さらに紐で固定するといった「新型座布団」を取り入れたのです

2008年11月場所で初めて取り入れられ、、初日にいきなり横綱白鵬が敗れる波乱となったのですが、一人でも座っていれば持ち上げられない上に、重さも相当でまったく座布団が飛ばない事態となり、「新型座布団」の効果が立証されたのです。

しかし、その新型座布団も採用されたのは11月場所だけで、1年に6回行われる本場所の他の5つの場所では、依然として座布団の舞は行われているのです。

座布団の舞はなくならない?

座布団の舞を形式美として尊重するファンは多く、投げられない仕組みの座布団よりも、あたっても怪我をしない仕組みの座布団を開発するべきだとの要望も少なくないようです。


それでは、これまで座布団が飛んで事故が起きなかったのでしょうか。

明確に事故が確認された例としては、2012年5月場所初日で、場内アナウンスをしていた行司の木村堅治郎(現・銀治郎)の後頭部に座布団がぶつかった衝撃で、前歯がマイクに当たって口の中を切る怪我をしたものがあります。

観戦していた有名人に座布団が当たった例としては、2017年7月場所11日目の「白鵬 - 御嶽海」戦で、白鵬が御嶽海に寄り切りで敗れた一番で投げられた座布団が浅田真央に直撃しています。

ネットの反応

「座布団が力士や行司まで届くことはまずないからね。殆どは客席に落ちて、当然前を向いて坐っている人を後ろから直撃するんですよ」

「升席にはお年寄りや小さな子供、時には赤ちゃんもいるし、座布団投げって正に殺人行為ですよ」

「座布団の舞が暗黙の了解であるなら、協会は「責任は負いません」ではなく、防犯カメラを設置し、万が一の事故&訴訟に備えるべきかもしれませんね」

座布団投げがなくならないのは、協会が積極的に対応していないからであり、大きな事故が起きていないのも一因としてあるのは間違いないでしょう。

起きてからでは遅いのですけどね。

おすすめの記事