どうしてもお金が必要…しかし、どこも貸してくれないときはどうしたらいい?

そんなときは街金が頼りになるかも…

お金を何とかして調達したい

すぐにでもお金が欲しいときは誰にでもあるでしょう。
必要な金額が3万円ということでしたら、どうしたらいいでしょうか。
一番手軽なのはクレジットカードのキャッシングを利用することです。
クレジットカードがあればすぐにコンビニATMを使ってキャッシングすることができます。
いっぽうで気をつけなくてはいけないのは、ショッピングと違ってクレジットカードのキャッシングは引き出した翌日から金利手数料が計算されることです。

これは考えると当然なのですが、ショッピングが翌月一括払いで金利手数料が一切かからないので、キャッシングも金利手数料はかからないのでは?と思い込んでしまうのです。
3万円の金利手数料ですから、わずかな金額ですが、それでも金利手数料が計算されるかされないのかというのは大きな違いでしょう。

金利手数料がかかるのが嫌なら、3万円の金額ですから、友人知人を頼るようにしてもいいでしょう。
3万円というお金は財布の中に現金として入っていることが多いです。
誰でも危急の際にお金がかかることがわかっていますから、何かあったときのために財布の中にある程度のお金を用意しているものです。

そういった意味では3万円というお金は、財布の中に入っている可能性が高く友人知人からお金を借りる金額の相場としてはぴったりといっていいでしょう。
友人もすぐにお金を貸してくれることでしょう。
それは、長年のつきあいからお互いの信頼関係が構築されているので、お金を貸してもすぐに返してくれるという安心感があるからです。

ですから、友人もすぐにお金を貸してくれるというわけです。
ですから、お金を借りるときは借りる側で借用書を作るようにしましょう。
通常でしたら、借用書は貸す側が用意するものですが、友人も気が引けて用意できないものです。
そこは気を利かせて借りる側が借用書を用意しましょう。

友人も水くさいとかいいそうですが、そこは親しき仲にも礼儀ありでしっかりと借用書を作ります。
借用書には、次の給料日で一括で返済する旨の文言を書いておきましょう。
間違っても分割で支払うといったことをしてはいけません。
友人との貸し借りでしかも少額なのですから、給料が出たら最優先で返済するようにしましょう。
友人との貸し借りはできるだけ早く返済して終わらせるようにしなくてはいけません。

3万円が必要でしたら、家にある不要品を買い取り業者に買い取りしてもらうという方法があります。
不要品の買い取りですから、それほどいい値段にならないかもしれません。
買取値がつかなくても不要品をそのまま処分してくれる業者が多いのでまかせるようにしましょう。
不要品の処分ができて、あわよくば買取値がつくのですから、まさに一石二鳥と言えるでしょう。


不要品ですから、数多く買い取りしてもらうにしてもそれほどの値段にはならないでしょう。
いっても1万円2万円といったところでしょうか。
足りない部分どれで補うかというと、書籍やコミックなどを買い取りしてもらうようにします。
人気コミックの全巻セットなどがあれば、かなりの高価買い取りとなるでしょう。

書籍もベストセラーよりも、レア本のほうが高価買い取りとなることが多いです。
書籍やコミックのほうが高値になるかもしれませんし、数が出せればそれだけで十分に3万円程度の買取額になることでしょう。
書籍やコミックの場合は通常の買取業者よりも、本の価値のわかる古本屋などに買い取りしてもらうようにした方がいいでしょう。

他にお金を調達する方法としては、日払いのバイトをするという方法があります。
求人情報誌などに日払いのバイトコーナーなどもありますし、ガテン系の肉体労働が多いのですが、短期集中で1回1万円は稼ぐことができるので、3回がんばって働けば目標金額の3万円に到達することができるでしょう。
体力勝負になるので、体力に自信のない人にはつらい仕事になると思います。
また、ガテン系のバイトをするときは、労災保険をかけてくれているのかどうかを確認しましょう。

雇い主の義務なのですが、日払いのバイトの場合は労災保険をかけていないところもたまにあるようです。
ケガをしたときに自腹での治療にもなりかねませんし、せっかくのバイト代が治療費に消えてしまうのも寂しいものです。
ですから、日払いのバイトをする前には労災保険をかけてくれているのかどうかは、しっかりと確認したほうがいいです。

銀行と消費者金融会社で借りる

まとまったお金が必要な場合は、銀行か消費者金融会社からお金を借りるようにしたほうがいいでしょう。
お金を借りるなら、金利の低い銀行からお金を借りたほうがお得です。
返済利息が少なくて済むからです。
まずは銀行からお金を借りることを考えるようにしましょう。

それでも、銀行カードローンなどは誰でも気軽にお金を借りることができるわけではありません。
というのも、銀行からお金を借りるにしても審査があるからです。
この審査に通らなければ、お金を借りることはできないのです。
一般的に、銀行カードローンの審査は厳しいことで知られています。
審査結果は属性の高さによって左右されることが多くなっているのです。

この属性というのはさまざまな項目から成り立っているのですが、それでも属性の高さを決定づける大きなウエイトを持っているのが雇用形態なのです。
雇用形態は正規雇用と非正規雇用の二つに分けられます。
正規雇用はいわゆる正社員のことなので、いっぽうの非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員の人のことです。
こうしてみると、正規雇用の人のほうが属性が高いことはわかるのですが、それは収入が多いとか少ないといったことではないのです。

大きく影響するのが、雇用が会社から保証されているかどういかということです。
どちらも、会社で働くときは雇用契約を結ぶのですが、雇用契約を結んでいる間は、会社が雇用を保証しています。
これが正規雇用の人でしたら、入社してから定年まで雇用が保証されていることになります。
いっぽうの非正規雇用の人でしたら、雇用契約も有期契約となるので、その期間は3ヵ月あるいは6ヵ月、1年というものになるのです。

期間が切れると都度更新ということになるのですが、会社が更新しなければその場で退職ということになります。
ですから、この部分を銀行が見ると収入が安定していないということになるのです。
安定した収入を持続できないということですね。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預金ということがあげられます。
預金ですからいつでも引き出しに応じなければいけませんし、大切な預金をカードローンとして融資しているわけですから、貸し倒れをとても警戒しているのです。

そのリスク回避のために銀行は保証会社と提携しています。
そのため銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の他に保証会社の審査も受けなくてはいけないのです。
当然ですが、どちらかいっぽうで審査に通らなければ銀行カードローンの融資を受けることはできないのです。
保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となると、保証会社はカードローン利用者に代わって残りの債務全額を銀行に支払うのです。

そして、改めて立て替えた残債務の全額をカードローン利用者(債務者)に請求するのです。
銀行としては、ノーリスクに見えるのですが、返済不能になった以降の返済利息による収益がなくなるのですから、銀行もまったくのノーリスクというわけにはいかないのです。
銀行カードローンのデメリットとしては、即日融資に対応していない点です。
申込者の信用情報を警察庁のデータベースに照会しなくてはいけないのですが、その照会情報を得るのが早くても翌日以降ということで、物理的に即日融資ができなくなったというわけです。
ですから、その日のうちにお金が必要というのでしたら消費者金融会社に頼るしかないのです。

消費者金融会社でお金を借りる

銀行カードローンでお金を借りることができなかったら、消費者金融会社に頼るしかありません。
そうなると、まずは大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしましょう。
アコムやプロミスといった、全国的な知名度を誇る大手消費者金融会社のカードローンでしたら、金利は若干銀行よりも高いのですが、その分使い勝手もよく、扱いやすいカードローンなのです。
大手消費者金融会社のカードローンの特徴として、まずは多彩な申し込み方法があげられます。

WEBや店頭ではもちろんですが、電話での申し込みに対応しているのは特筆できます。
電話である程度の借り審査まで行ってしまうのですから、対応するオペレータの対応力はさすが大手消費者金融会社といえるでしょう。

また、WEBでの申し込みは最近ではWEB完結という、郵送物が一切自宅届かない申し込み方法となっています。
家人に知られたくない場合はWEB完結で申し込みをするといいでしょう。
そして、大手消費者金融会社の中にはメガバンクと提携しているところもあります。

そういった大手消費者金融会社は、提携するメガバンク行内の自動契約機を使って、大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みができるのです。
これが何気に便利ですから、利用している人も少なくないかもしれません。
そして、大手消費者金融会社のカードローンの申し込みの大きな特徴となっているのが、全国各地に設置されている無人契約機です。

24時間365日稼働している優れもので、いつでもカードローンの申し込みをすることができます。
特筆すべきは即日融資に対応していることで、その日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通ることができれば、すぐにローンカードが発行されて最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができるのです。
ですから、すぐにお金が欲しいときは大手消費者金融会社のカードローンが一番ということですね。

中小消費者金融会社と街金で借りる

消費者金融会社の中でも、大手消費者金融会社のカードローンは審査が厳しいです。
延滞歴などがある人でしたら、お金を借りることはできないでしょう。
そうなるとどうしたらいいのかというと、中小消費者金融会社や街金に融資の申し込みをするのです。
審査基準も緩くなっているので、中小消費者金融会社のローンは借りやすいのですが、中小消費者金融会社もその業容によって幅が広く、大手並にカードローンを扱っている業容の大きな中小消費者金融会社があるかと思えば、街金に毛が生えたような中小消費者金融会社もあります。


それぞれが特徴を持っている中小消費者金融会社が多いのです。
街金は、街の貸金業者といった風情で地域に特化した金融活動をしています。
審査基準も緩く誰にでも借り入れができるのが大きな特徴です。
もっとも、無職の場合は融資ができませんから、何らかで働いている必要があるのはいうまでもありません。

独自審査をしている街金

一部の中小消費者金融会社と街金は、信用情報機関に照会しない独自審査を行っています。
審査方法は至ってシンプルで、現在の属性のみで審査を行うのです。
電話による在籍確認が取れること、そして収入を証明する書類が提出できることの2点です。
このシンプルな審査方法によって、ブラックでもお金を借りることができると評判となっているのです。

もっとも、ブラックでも借り入れの可能性があるということで、必ず借りることができるというわけではないのでその点には注意が必要です。
属性が低い、延滞歴があるといった人でも働いてさえいれば、街金でお金を借りることは可能なのです。

ネットの声

「先日、半年ばかり借りていたお金を街金に返しにいったのですが、毎月金利を納め、公正証書で金消を巻いているにも関わらず「なんで自分のお金を渡さないといけないんだろう?」を強く感じていました。一万年以上進化していない我々の原始的な脳は借金と自分のお金を見分けることが出来ないみたいです。」

「年収600万は金持ちとかいうやつ。600万だけど店舗の経費がめちゃ重くて手取りが150万そこそこ。与信があると戸建てを借りたくなるから半年に1戸シェアハウスを作って1年で300万。残り-150万だ。これをタピオカ屋1シーズンで償却するのだ。リボと街金で借金150万の限界ニートとたいして変わらないだろ。」

「マンガに描いたような街金から借金をしたことはない。あんな高利をとられたら、どんな商売をしたって儲かるものでないことくらい冷静な判断はついていた。」

街金から借りたらおしまい…とう声が圧倒的多数ですが…。肝心なのは気持ちの持ちようですけどね。

おすすめの記事